テアテ 化粧水 ハーブエキス

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

テアテ化粧水配合の9種類のハーブエキス!

 

 

テアテ化粧水には以下の9種類のハーブエキスが配合されています。では、実際にそれぞれのハーブごとにどのような働きをするのか詳しく見ていくことにしましょう!

 

 

オウバクエキス

 

 

消炎作用、収れん作用、抗菌作用があるため、肌を清潔に保ち、肌あれを防ぐ目的の化粧品に広く使用されている。 肌への引きしめ効果もある。 古くから生薬として打ち身や捻挫の治療に使われている。 天然保湿成分として、無添加・低刺激性の化粧品に配合される。

 

 

レモンエキス

 

 

レモンそのものには光によって肌に毒性をもたらす成分も含まれていますが、レモンエキスはそんな刺激成分を取り除いて作られる素材とされています。ビタミン成分が豊富に含まれていることから、スキンケア製品ほか様々な美容製品に活用される素材のひとつとなっています。

 

 

サボンソウエキス

 

 

成分に発泡性に富んでいて、泡に優れた洗浄効果があります。滅菌性、肌のハリを蘇らせる効果もあります。毛穴に詰まった汚れを取り除き、皮膚や毛髪を清潔に保つほか、古い角質を取り除く目的で配合されています。

 

 

セージエキス

 

 

血行促進効果、殺菌効果、消炎効果、酸化防止効果など様々な効果があり加齢やストレスなどによる肌のトラブルを防ぐ目的の化粧品に配合されることが多い。 保湿作用、美白作用があり乾燥から肌を守りうるおいを与える目的で配合される。

 

 

セイヨウキズタエキス

 

 

それが抗炎症作用、抗酸化作用、抗菌作用、脂肪分解促進作用、収れん作用、血行促進作用など多岐に渡る効果が期待できます。主に肌荒れやニキビを防ぐことで有名ですが、育毛剤においてもこれらの効果・効能はとても有効に働きかけます。

 

 

 

ゴボウエキス

 

 

糖吸収をおだやかにすることで食後に血糖値が高くなるのを抑えるイヌリン、抗酸化作用で老化や病気から体を守るタンニンなど、健康や美容に有効な成分が豊富に含まれている。またゴボウエキスには頭皮の血行促進や保湿など、いわゆる育毛につながる効能も有するため、育毛剤の有効成分として利用されている。

 

 

 

オランダカラシエキス

 

 

日本ではフランス名の「クレソン」の名前で知られる、アブラナ科の植物「オランダカラシ」。高い抗菌性の他、血行促進作用、皮膚細胞活性作用、発毛促進作用を持つことが知られていて、オランダカラシ配合の化粧品やヘアケア用品も数多くあります。

 

 

レモングラス抽出液

 

 

レモングラスは、見た目は雑草と見間違えそうなただの細長い葉っぱですが、美肌にいいと言われています。皮脂分泌の調整や毛穴などを引き締める働きが期待でき、ニキビ予防などによいとされているからです。
※直接肌に用いる場合、刺激が強めなので、敏感肌の方は注意が必要です。

 

 

ヒオウギ抽出液

 

 

ヒオウギエキスのイソフラボンは、女性らしいラインの身体や美しいお肌・髪を作るために欠かせない女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きを持つことが知られています。このような女性ホルモンの不足分をカバーし、男性ホルモンを中和することでホルモンバランスを整え脱毛を防ぐ効果が期待できます。

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加