テアテ 化粧水 ニキビ跡

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ニキビ跡にもいろいろな種類があるけど!?

 

ニキビ跡(痕)は、ニキビの炎症により周囲の組織がダメージを受け、傷跡として残ってしまった状態です。本来は、激しい炎症を起こす前にニキビを適切にケアし、ニキビ跡(痕)ができないように予防することがとても重要です。

 

しかし、できてしまったニキビ跡(痕)に対しては、どのようにケアを行えばよいのでしょうか。一言で「ニキビ跡(痕)」といっても、種類は様々。まずはニキビ跡(痕)についての正しい知識を身につけ、ニキビ跡(痕)を正しくケアできるようになりましょう。

 

【ニキビ跡の画像】

 

ニキビ跡(痕)は、大きく分けると以下の3種類があります。それぞれに特徴があり、適したケア方法が異なりますので、自分のニキビ跡(痕)がどの種類なのかを理解して、適切なケアを行うことが必要です。

 

ニキビ跡(痕)の種類1. 赤み

ニキビの炎症によって皮膚組織がダメージを受けると、その部分を修復するために毛細血管が作られます。その毛細血管を流れる血液により、皮膚に赤みが出ます。通常よりも毛細血管が増えるのに加え、炎症のダメージのせいで皮膚が薄くなっているため、通常よりも赤みが目立ちます。

 

ニキビ跡(痕)の種類2. 色素沈着

茶色いシミのようなニキビ跡(痕)は、メラニン色素によるものです。ニキビの炎症により活性酸素が発生すると、肌を守るためにメラニンが大量に発生します。メラニンは表皮で生成されるため、通常なら肌の新陳代謝によって排出されますが、ニキビが治った後の肌は、ターンオーバーが正常に行われず、メラニンが残ってしまう場合があります。

 

※メラニン色素というと、紫外線との関わりで知られていますが、本来の役割は免疫機能だということをご存知でしょうか。メラニンは、紫外線だけではなく炎症や化学物質など、外部の強い刺激から肌を守るための物質なのです。

 

ニキビ跡(痕)の種類3. クレーター

肌に凹凸ができる、クレーター状のニキビ跡(痕)もあります。これは、炎症による皮膚組織の破壊が真皮層まで及んだ結果です。肌で炎症がおきると、皮膚組織を壊して炎症を抑える、免疫反応がでます。新しい皮膚細胞の生成ができなくなる、あるいは生成スピードが鈍くなります。

 

その結果、肌表面のの修復にムラが生じて毛穴の構造が崩れ、肌に凹凸ができるのです。肌内部でも組織の生成が行われないため、このようなダメージが残りやすいと言えます。

 

 

テアテ化粧水はニキビ跡(痕)にも効果があるのか!?

 

 

厳密にいうと、ニキビ跡(痕)をなくすような製品というのは存在しません。正確には、ニキビ跡(痕)にならないためのケア、または、ニキビ跡の改善ができると言うだけで、ニキビ跡(痕)がなくなることはないでしょう。それもニキビ跡の改善に関しては赤みや色素沈着であれば多少はですが、クレーターになると現状はさほど変わらないかもしれません。

 

それでも、新たなニキビ跡(痕)を作らないためには、ニキビを悪化させずに治さなければいけません。ニキビが跡(痕)になる原因は炎症です。炎症が重ければ重いほど、ニキビ跡(痕)が残る可能性が高まり、その跡(痕)も深く、治りづらい状態になります。

 

予防策として大切なのは、思春期ニキビは適切な洗顔、大人ニキビは保湿ケアが重要です。肌が乾燥するとバリア機能が低下するため、肌を刺激から守ろうとして角質が厚みを増し、毛穴を狭めてしまいます。

 

▼▼ニキビ跡に効果あるテアテ化粧水はこちらから!!▼▼

天然由来成分90%の化粧水【テアテ】

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加